早期治療症例4 マウスピース矯正

4才 幼稚園生

かみ合わせた時に、上の歯に隠れて下の歯が見えない深いかみ合わせ

いわゆる過蓋咬合と言われる症例 

治療前

        ↓               

マウスピース使用開始から3か月経過時

 

装置を毎日楽しく頑張って使い続けてくれているおかげで、深かったかみ合わせもわずか3カ月という短い期間でほぼ正常に近づいてきました。

マウスピースは痛みもなく、4才という年齢を考えても負担の少ない治療で、大きな成果が得られています。

解説

過蓋咬合も、なるべく早く治療を始めた方が良い症例です。

大きくなってからの治療では、深いかみ合わせ(過蓋咬合)を治すと、

顔が長くなってしまいます。低年齢で治療することで、小顔のままかみ合わせを浅くすることが出来ます。

またそのまま放置しますと、出っ歯・ひどくガタガタの歯並び・ガミー(はぐきがたくさん見える状態)になってしまいます。

これほどまでに、痛みもなく、簡単に短期間で改善がみられるのは、低年齢の特権ですね。

               

 

 

ひより育成歯ならび

   クリニック

TEL:0742-25-3382 

住所:〒 630-8238

    奈良市高天市町54

奈良駅2分